2020年03月17日

【重要】香瓔会会員の皆様へ 行事についてのお知らせ

 新型コロナウイルス感染防止のため国を挙げていろいろな取り組みがなされています。このような状況下の為、香瓔会としても諸行事を中止または延期して感染リスクに備えたいと思います。予定の大幅な変更のため会員の皆様には大変ご迷惑をおかけすることになります。又会則を遵守できない事柄もありますが緊急の対処としてご理解、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。
 
書道香瓔会理事長 岩永栖邨


 詳細は、会員ページに「香瓔ニュース(令和2年3月24日発行・郵送版)」をアップしておりますのでご確認お願いします。

地区研修会について
 本年度は全国19地区での開催を予定していましたが、全て中止になりました。(新潟、九州Aは延期ができないか検討をしています)すでに申し込みをされていた方々には中止の連絡を差し上げましたが万一連絡が届いていない方があれば該当の地区世話係に詳細をお尋ね下さい。

4月研究会について
 4月4、5日シーパル須磨で開催予定の4月研究会は中止致します。すでに参加予定で宿泊を申し込まれていた方は各自でキャンセルをお願い致します。

5月定例研修会について
 5月9、10日シーパル須磨で開催予定の定例研修会は中止します。今回は「行を考える」をテーマとして正橋白鵞先生にご指導いただく事で準備を進めていましたが来年度に延期したいと思います。

総会について
 5月10日11時から予定していました令和2年度総会を中止致します。総会に代わり議案は臨時理事会で審議し、総会決議に代えたいと思います。臨時理事会については理事各位に別途案内致します。
(5月9日(土)13:00〜兵庫県下の理事を主として行うことを考えています)
 総会決議内容は7月下旬発行予定の会報にてお知らせ致しますのでご確認、ご了承いただきますようお願い致します。

6月読売展選別会について
 6月14日ホテル六甲荘で予定しています読売展選別会は作品を持参して集まることを中止します。読売出品選別作品は6月12日までに香瓔会事務所に送っていただき、本年度当番審査員が選別し各自に返送する事を考えます。詳細は後日各指導者を通して出品予定者に連絡致します。

7月以降の行事について
 7月日展研究会(7月4〜5日)、選抜展第1回研究会(7月5日午後)、夏期セミナー(8月27日〜28日)は感染拡大状況で判断しますが現在のところ予定通り実施する方向です。またそれ以後の行事についても予定通りの実施を考えています。

読売展特別添削指導について
 詳細は、会員ページに「香瓔ニュース(令和2年3月24日発行・郵送版)」をアップしておりますのでご確認お願いします。  

日展出品作品研修について
 詳細は、会員ページに「香瓔ニュース(令和2年3月24日発行・郵送版)」をアップしておりますのでご確認お願いします。  

榎倉先生個展について
 令和2年5月27日〜31日、宮崎県立美術館で開催予定の「榎倉香邨の書̶牧水の恋̶」宮崎展は令和3年1月13日(水)〜17日(日)に延期します。
(俵万智先生、伊藤一彦先生の対談ならびにその日夜の夕食会は令和3年1月16日(土)の開催を検討します)
 令和2年6月23日〜28日、東京銀座画廊美術館で開催予定の「榎倉香邨の書̶牧水の恋−」東京展も令和2年12月8日(火)〜13日(日)に延期します。
 5月末の宮崎展開催に向けて先生は最終作品を3月14日に完了されました。すでに出来上がった作品から表具、写真撮影を済ませ図録は5月初旬の発刊予定で製作が進行中です。俵万智先生と伊藤一彦先生対談、その夜の祝賀パーティー等の準備も進めて来ていましたのでここで延期するのは誠に残念な思いですが致し方ありません。新型コロナウイルス感染の心配が薄れ、皆様が明るく楽しい気持ちで会場に足を運んで頂ける日を待ちたいと思います。
 図録購入方法は後日お知らせ致します。また先生の作品購入については図録発行後から受け付けますので暫くお待ちくださいますようお願い致します。

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 11:10| 事務所・編集室

書のスタイルブック「百人一首を書く」 のお知らせ

本会総務理事 原 奈緒美先生の作品が書のスタイルブック「百人一首を書く」 に掲載されましたのでお知らせいたします。
また、原先生よりコメントを頂戴いたしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この度、日動出版社編、書のスタイルブック「百人一首を書く」 に出版社からのご依頼で作品を10点書かせ頂きました。
pgmklkpdeoikjpel.jpg
ご覧の様なベテランの先生方とご一緒させて頂き光栄な事でした。
出版社から割りふられた百人一首の歌のそれぞれに思いをはせ、作品の表情や料紙にも工夫して書かせて頂きました。
私の作品10点の内4点程を画像にてご紹介いたしますので、どうぞご覧下さい。
7.jpg
▲こちら継ぎ紙の扇面は山本陽子さんの制作によるものです

38.jpg

59.jpg

100.jpg
尚この本は3月9日より店頭で手にして頂けます。
歌の意味に加え・作品のコメントなども掲載されており、学ぶにも鑑賞するにも素敵な本になっております。
是非お手に取って頂ければうれしいです。

(情報部U)
posted by 香瓔会 at 10:00| 日記

2020年03月16日

書香『入門・古筆に学ぶ』の揮毫動画について

 書香(月刊誌)に連載中の『入門・古筆に学ぶ』ですが、昨年度の「関戸本古今集」に引き続き、今年度は「高野切第一種」を取り上げています。
 内容もわかりやすく、毎月の臨書課題や揮毫動画もあり工夫されていて、ご好評いただいております。

<お詫びと訂正>
 書香4月号(第466号)の11ページ『入門・古筆に学ぶ(高野切第一種(3)-線➁-)』動画URLの記述に誤りがありました。正しくはhttps://youtu.be/koGyvbKEd1Q です。 なお、QRコードは正しいものです。

 お詫びし訂正させていただきます。
 
 また、ここにご案内させていただくことで、一般の方も揮毫動画の視聴が可能となりますが、本来、揮毫動画は書香の本文とあわせて学習するものです。皆様に一早くお伝えするため、今回はスタッフで協議の結果、このような形をとらせていただくことになりました。ご理解ください。
 
<書香をご愛読の皆様へ>
 書香・臨書課題の学習に揮毫動画をご活用下さい。たくさんのご応募をお待ちしております。

202004shoko.jpg

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 10:23| 事務所・編集室

2020年03月15日

お詫び「かおり誌」バーコード出品券について

今月お届けしました「かおり誌」バーコード出品券ですが、来月行うべき「学年進行」を誤って行ってしまいました。 そのため1カ月早く学年が進んでいます。

お詫び申し上げます。

出品券は学年、段級位の訂正無しで、そのまま貼付してお使いください。
本部で正しい学年に集めて受け付けをいたします。
ご心配をお掛けし申し訳ありません。
以後の作業を細心の注意を持って進めてまいります。

令和2年3月15日
書道香瓔会
posted by 香瓔会 at 12:18| 事務所・編集室

2020年03月10日

第8回グループしら鷺 イーグレ書展 併催しら鷺学生展 日程延期のお知らせ

2020.3月の「かな書展」情報でお知らせしました標記書展は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、令和2年10月10日(土)〜11日(日)に延期となりました。

202003egure.gif


(情報部U)
posted by 香瓔会 at 17:01| 書道展

2020年03月08日

第3回香瓔東北書展(3/28〜4/1) 中止のお知らせ

2020.3月の「かな書展」情報でお知らせしました標記書展は、新型コロナウィルス感染症の流行状況を鑑み、中止とさせていただきます。

(情報部U)
posted by 香瓔会 at 23:43| 書道展

2020年03月03日

令和2年度(2020年3〜4月)の地区研修会について

 「本年度の地区研修会の開催、中止、延期の検討状況(一覧表)」を香瓔会HPに掲載しました。
 
 https://www.koyokai.info/workshop.html のPDFデータをクリックしてご確認下さい。

 2020年度は新型コロナウィルス感染症の流行状況を鑑み、2地区で延期も検討中ですが、3〜4月の地区研修会は全て中止となりました。ご理解賜りますようお願い致します。

 香瓔会HPで最新の一覧表を随時更新しておりますが、詳細は、各地区実行委員会係にお尋ね下さい。

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 16:59| 書道教室・講座・研修

2020年03月02日

2020.4月の「かな書展」情報

連日のように新型コロナウイルスの感染が報道されており、心配な毎日です。
暖かくなり、一日でも早く治まることを願ってやみません。

オカメザクラ.jpg
▲オカメザクラ

4月の「かな書展」情報のお知らせです。

◆第74回 日本書芸院四月展(一科審査会員)
と き/4月7日(土)〜12日(日)
ところ/大阪市立美術館 地下展覧会室(天王寺公園内)

◆第74回 日本書芸院展(役員展)
と き/4月22日(水)〜26日(日)
ところ/大阪国際会議場3階 特設会場(大阪市)

◆第5回 ー書創ー綺羅書展(主宰 中村暢子)
と き/4月3日(金)〜5日(日)
ところ/新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)4階ギャラリー
    〒951‐8132 新潟市中央区一番堀通町3‐2
202004kira.jpg

◆’20グループ香書作展(主宰 川本陽子)
と き/4月28日(火)〜5月4日(月)
ところ/熊本県立美術館分館2F
    〒860‐0001 熊本市中央区千葉城町2‐18

◆書 中川聖久の世界ー歌ー
と き/4月21日(火)〜5月3日(日)
ところ/アートスペース余花庵
    〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475
202004nakagawa.gif

(情報部U)
posted by 香瓔会 at 22:18| 書道展

2020年02月27日

香瓔会会員の皆様へ(重要)行事変更のお知らせ

 新型コロナウイルスの感染拡大が心配されています。香瓔会としましても当面する行事を下記のように変更し、感染リスクに備えたいと思います。
 会員会友の皆様には急な変更でご迷惑をおかけしますが ご理解を賜りますようお願い致します。

○地区研について
 本年度は全国19カ所で実施の予定ですが一律に中止とはせず、開催、中止、延期の判断は各地区の実行委員会で決定することとします。参加を考えている皆様は各地区実行委員会係に詳細をお尋ね下さい。

○4月作品研究会について(4月4〜5日、於:シーパル須磨は中止!)
 中止にします。すでに申し込みをされている方には近日中止のハガキをお送りします。
宿はキャンセルをお願い致します。全会員に中止を知らせる通知文は出しませんので皆様で伝える事ができる範囲でお伝え下さい。
 
○5月定例研修会について
 現在のところは開催予定で準備を進めています。中止する事になりましたら香瓔ニュース、ホームページ等でできるだけ早くお知らせ致します

○榎倉先生個展について
 開催予定で準備を進めています。この頃には収束している事を願うばかりです。

令和2年2月27日
書道香瓔会理事長 岩永栖邨
posted by 香瓔会 at 21:37| 事務所・編集室

2020年02月26日

「日本・イタリア国際交流芸術展」に参加して(村上松月先生)

当会理事 村上松月先生の「日本・イタリア国際交流芸術展」報告をご紹介します。
----------
 2019年12月、レオナルド・ダ・ビンチ没500年の記念にあたり、私は「日本イタリア国際交流芸術展」「企画M・Y・Yコミュニケーション梶vに参加いたしました。
 私の作品「樹の滴(きのしずく)」が「IL・Genio(イル・ジェニオ)」(天才の意)の名を冠したオリーブオイル《エキストラ・ヴァージンオイル=万能の天才》に起用されました。
ILGenio.jpg
▲称号証とオリーブオイル

1582710960062.jpg
▲アポロスの遺跡の前に展示され、ここで授与式がありました。

 会場は南イタリア・プーリア州プレンディジ市で、そこは古代ローマ遺跡の宝庫。その遺跡が眠る旧貴族邸の「パラッツオ・グラナフェイ=ネルヴェーニア邸」において、市役所や地元の人々の前で、そのオリーブオイルが披露されました。そして、制作活動の功績をたたえ、「Arstista IL Genio Unirersale(アーティストイルジェ=オユニヴァーサル=万能の天才)」の称号を授与され、その式に出席することができました。授与式となった部屋は、アッピア街道の象徴といえる終点地(ローマが始発地)を示す、しかもローマ時代に制作された柱の柱頭(人類考古学的にも価値のあるもの)が常設された、その前に展示されました。このネルヴェーニア邸でオリーブオイルのアートラベル展を許可されたことは大変名誉なことと知り感激いたしました。
juyoshiki.jpg
▲ネルヴェーニア邸の入り口(授与式へ)

 プレンディジ市は有名な世界遺産「アルベロベッロ」があります。まるでおとぎの国へ来たような、全く別世界に入り込んだ不思議な気持ちになりました。
1582711038064.jpg
▲アルベロベッロ

1582711095614.jpg
▲アッピア街道終点のシンボル
 このシンボルがアポロスつまり柱頭が展示されています。

 ローマから列車でまずフィレンツへ。ミケラレラジョ広場のダビデの像、ウィッツィ美術館では1日では見きれない膨大な美術館の数々。その中でもダ・ビンチの受胎告知を目のあたりにして圧倒され、よく写真で目にしていた大聖堂の中へ。最終日はローマ市内へ。映画「ローマの休日」の舞台となったスペイン広場やトレビの泉、格調ある建築物、コロッセ(バスより)等々。まさに「百聞は一見にしかず」。

tuyaku.jpg
▲ルヴィーさん(美術研究家及び通訳者)と写す

 沢山の遺跡、美しいルネッサンス美術館、また食においても只々驚嘆の6日間でした。この間何も被害がなくて安堵いたしました。改めて日本のよさを再確認した次第です。

(村上松月 記)
posted by 香瓔会 at 18:34| 書道展