2018年10月24日

若山牧水没後90年記念 「榎倉香邨の書―ふるさと―」展のご案内

榎倉香邨会長の【宮崎市】、【小野市】で開催されます個展についてご案内申し上げます。
201901bokusui1.jpg

榎倉先生は牧水のふるさとで個展を開催することに大変意義を感じ、この一年をかけて精力的に制作を続けてこられました。
また【宮崎展】終了後は先生ご自身のふるさとである【小野市】でも開催することになりました。
あわせてご案内申し上げます。
201901bokusui2.jpg
201901bokusui3.jpg

若山牧水没後90年記念「榎倉香邨の書」展チラシ.pdf
▲チラシ(PDF)はこちらをクリックしてください。

【宮崎展】
●開催日程:2019年1月11日(金)〜1月20日(日) ※15日(火)休館
●開催場所:宮崎県立美術館
※大作32点(旧作を含む)、小品25点で構成
※図録は12月発刊予定です。(香瓔会事務所までお問い合わせください。)            

<2019(平成31)年>
1月11日(金)
  10:00〜 オープン
  13:00〜 挨拶(榎倉香邨)
1月12日(土)
  13:00〜14:30 記念講演会(伊藤一彦先生) 
             演題「牧水と香邨 芸術の魂とは何か」
  18:00〜20:00 祝賀パーティー 宮崎観光ホテル
1月13日(日)
  13:00〜14:30 榎倉香邨の席上揮毫会(小字)<司会 岩永栖邨>
1月14日(祝・月)
  13:00〜14:30 榎倉香邨の席上揮毫会(大字)<司会 岩永栖邨>
1月15日(火)休館日 
       牧水の生家「坪谷」及び牧水文学記念館を訪ねる会
1月16日(水)
  13:00〜14:00 作品解説(岩永栖邨)
1月17日(木)
  13:00〜14:00 作品解説(岩永栖邨)
1月18日(金)
  13:00〜14:00 香邨に質問する会 <司会 岩永栖邨>
1月19日(土)
  13:00〜14:00 香邨、思いを語る会 <司会 岩永栖邨>
1月20日(日)
  13:00〜14:00 作品解説(岩永栖邨)
  〜18:00 閉展 

【小野展】
●開催日程:2019年2月9日(金)〜2月11日(月・祝)
●開催場所兵庫県・小野市うるおい交流館エクラ
 (3人のふるさとの歌人のうたも含めて)

現在、小野展のためだけに新たに郷土の歌人 山口茂吉(多可町)、坂本 遼(加東市)、上田三四二(小野市)の歌を書こうと意欲を燃やしておられます。
榎倉先生の御祖父様までお住まいでした小野市の神明神社を散策されることなども予定されて是非小野展へもぜひ足をお運び下さい。

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 23:46| 書道展

2018年10月20日

読売書法会の連載企画「わが古典」第五回榎倉香邨先生

8/30に榎倉先生が読売書法会のインタビューを受けました。
その記事と写真が今月(2018.10)より読売書法会のホームページに掲載されています。

<読売書法会の連載企画「わが古典」第五回榎倉香邨先生>

201810koson.jpg


https://yomiuri-shohokai.com/serialization_005.html

▲クリックしてご覧ください。

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 23:57| 日記

2018年10月14日

川口紫芳書作品展−森からの贈りもの− 報告

9/28〜10/9三条市にある周りを森に囲まれ、野の花の咲く下田の森の美術館全館にて開催されました。一階ロビーには森や樹々の風景を綴った物語や短歌等、また和室は「森に魅せられた男達の部屋」として森や山を愛する先人や歌人の言葉や和歌、そして三条に住む山男たちの思いを中心に新作三十点。2階は過去の作品や遊びで創ったもの二十点程の展示でした。軸・額・パネルの他、銀杏・欅・杉の板に書いた作品も多く森好きな人たちに好評でした。
IMG_0949.PNG

IMG_0828.JPG

IMG_0898.JPG

書を好きな人たちの他にも、山好きな人達も沢山来てくださり、蛍住む里山を守ったり、木を植え人間を守り癒してくれる森を作ったり、といったこれからの活動へも繋がれました。また、中2日に行なった森のかけ箸づくりのワークショップも好評でした。杉・胡桃や栗の木を三条産の鉋で削り最後に胡桃油を塗って仕上げる箸は手に馴染む世界に一つのものでした。

(川口紫芳 記)
posted by 香瓔会 at 13:12| 書道展