2021年07月02日

信貴山の御神酒奉納永久収蔵展で「令和芸術宝珠賞」を受賞しました

6月18日から20日まで奈良県の信貴山玉蔵院において、「御神酒奉納永久収蔵展」が開催され、奉納式典に出席してまいりました。
式典会場.jpg

聖徳太子1400年御遠忌記念として、美術の杜出版株式会社の主催により、奈良豊澤酒造の「豊祝」というお酒に、ラベルを貼り奉納するという行事です。
奉納者の数は118名で、書道界では当会の榎倉香邨先生、尾崎邑鵬先生、池田桂鳳先生のほか、絵画や文芸の先生のラベルもあり、日展理事長の奥田小由女先生も奉納されました。

9204.jpg
▲尾崎邑鵬先生の御神酒

9203.jpg
▲榎倉香邨先生の御神酒

そのような奉納者の中で、私の「月の雫」と揮毫したラベルが「令和芸術宝殊賞」を受賞しました。
名誉ある賞をいただき、大変興奮しております。

9202.jpg

9205.jpg

(村上 松月 記)
posted by 香瓔会 at 21:07| 日記