2021年07月05日

大東文化大学青山杉雨賞受賞者書道展 開催報告

大東文化大学青山杉雨賞受賞者書道展が無事終了しました。
(6月29日〜7月4日 目黒区美術館区民ギャラリー)
IMG_20210703_125421.jpg

2010年に設けられた同賞は、大東文化大学元文学部教授の青山杉雨(さんう=本名文雄=)氏のご遺族から教育研究支援資金の寄付申し出を受けて制定されました。同学部書道学科、大学院文学研究科書道学専攻に在籍中に学内外の書活動において特に優秀と認められる者に授与されます。本展では十年間にわたる受賞者による作品と論文の展示をしました。
IMG_20210703_125849.jpg

香瓔会からは、福井淳哉、松本香優、石井恭子の三名が受賞し、出品いたしました。
IMG_20210703_131133.jpg

▼福井淳哉
IMG_20210703_131155.jpg

IMG_20210703_131116.jpg


▼松本香優
IMG_20210703_131405.jpg

IMG_20210703_130722.jpg
高浜虚子の句を大字仮名で力強く書き上げました。加えて、修士論文「近代上海における日中交流ー『鄭孝胥日記』を中心にー」も展示いたしました。(松本香優)


▼石井恭子
IMG_20210703_132150.jpg

IMG_20210703_132144.jpg
初めて挑戦する三段の横作品に展開をもたせられるよう工夫しました。軽やかでありながらも力強い線が出せるよう意識して制作しました。今後も古筆・古典から線質や字形を学び取り、自らの作品に活かせるようにしていきたいです。(石井恭子)


▼会場風景
IMG_20210703_125821.jpg

IMG_20210703_131636.jpg

IMG_20210703_132138.jpg


(松本香優 記)
posted by 香瓔会 at 01:00| 書道展