2022年04月25日

5月「かな書展」情報

桜の季節が終わりましたが、別の草花へとバトンが渡され、色鮮やかな季節となりました。
CIMG0496.JPG

5月の「かな書展」情報をお知らせします。

◆「油絵」と「かな書」の二人展(世話人 林 玲泉)
 と き/5月3日㈫㈷〜8日㈰
 ところ/金沢21世紀美術館 B1F市民ギャラリーB
     (金沢市広坂1-2-1)
「油絵」と「かな書」の二人展案内状.jpg

◆丸山宏信かな書展―屏風展―(丸山宏信 個展)
 と き/5月13日(金)〜17日(火)
 ところ/長野県立美術館 しなのギャラリーA・B&ホール
     (長野市箱清水1-4-4)
丸山宏信かな書展 個展案内パンフ02-01.jpg

丸山宏信かな書展 個展案内パンフ02-02.jpg

(情報部 S)
posted by 香瓔会 at 14:39| 書道展

2022九州C地区かな書道研修会報告

日 程:2022年4月16日(土)〜17日(日)
会 場:熊本市国際交流会館(熊本市)
講 師:廣田蓬邨先生
助講師:川本陽子先生 松高千鶴先生
テーマ:1日目「読売書法展等の実習と添削」
    2日目「調和体について基本学習を学ぶ(俳句を半切1/2に書く)」

研修会が2年間中止となり、まだコロナ禍が終息されないところ、思いもよらない多数の参加者にお集まりいただきました。そして講師の廣田先生には手厚い指導を受けることができました。

1日目は読売書法展作品等の実習・添削でしたが、実習後半では、廣田先生が持参された帖作品を拝見させていただきました。そしてその帖を参考にして、帖作品の作り方や細字における注意点、硯の扱い方や磨墨・作品効果のある紙の選び方などを丁寧にご説明いただき、時間が足りないほどでしたが、受講者にはとても満足した様子がうかがえました。

IMG_1328.JPG

IMG_1332.JPG

2日目は調和体で作品制作でしたが、まず資料を参考に基本的な学習をしました。漢字の古典(蘭亭序と祭姪文稿)を臨書し、起筆の変化、背勢、向勢、画の各々の方向変化、文字の造形などに注目しました。

また、資料の山頭火の句を手本にして行の広狭や潤渇、疎密の変化、呼応など効果的な作品の作り方、表現の知識を広げることを学びました。

IMG_1336.JPG

IMG_1344.JPG

最後に受講者の作品それぞれに講評をいただき、充実した二日間を終了することができました。


(鳥飼玉翠 記)
posted by 香瓔会 at 01:05| 書道教室・講座・研修