2018年07月07日

かなの世界 齋藤岳美書展が終了しました

14日間の書展(6月16日〜29日)が終了しました。この書展では、学生時代に書いた百人一首、社中展で発表してきた屏風、あんどん、のれん、巻、軸、額作品など二十点を展示しました。

会場には市報を見て、来て下さった地域の方々、隣接する私の勤務する中学校の生徒たちが毎日、立ち寄ってくれました。特に百人一首を観るために足を運んでくれていたようでした。

書展が終わった今でも、公民館に「もう終わったのですか?もう少しやってほしい。」という問い合わせがあるとの話を職員の方から聞きました。また、勤務校の中学生から最終日に「書展の延長はできないのですか」と言われ、嬉しい気持ちになりました。

この度このような機会をいただき、私にとって、素晴らしい体験をさせていただきました。多くの方々に支えていただき、無事に会期を終了できましたことを感謝いたします。ありがとうございました。この経験を今後の書活動にいかしていきたいと思っております。

DSC02957.JPG

CIMG3006.JPG

DSC02949.JPG

(齋藤 岳美 記)
posted by 香瓔会 at 17:56| 書道展