2021年03月24日

俵万智さんとつづる「榎倉香邨の書―牧水の恋―」神戸展開幕!

神戸では桜が咲き始めました。
3月24日(水)より、「榎倉香邨の書―牧水の恋―」神戸展兵庫県立美術館ギャラリー棟3F)が開幕します。

S__37863429.jpg
兵庫県立美術館からの景色

20210323_142441.jpg
20210323_142517.jpg
入館前に、体温検査、アルコール消毒等の感染予防対策が徹底された中での開催です。

20210323_hyoshi.jpg20210323_175711.jpg
正面の看板は、榎倉先生が根本海岸に行かれた時の写真です。

S__37912597.jpg
榎倉先生が今展で一番とコメントされた作品「黒髪(六曲屏風)」

20210323_154511.jpg
今展の代表作「根本の春」

20210323_153411.jpg
俵万智先生とのコラボ企画(共同作品コーナー)も楽しめます。

S__37863426.jpg
搬入時の撮影も順調に進みました。3月24日より、香瓔会ホームページ「香邨の書」より「作品解説」動画を配信しました。
https://youtu.be/Hh1AIB7R56A
↑どうぞご覧下さい。

S__37863435.jpg
榎倉先生は、搬入中も沢山の取材を受けました。

◆「榎倉香邨の書―牧水の恋―」神戸展
会期 令和3年3月24日(水)〜3月28日(日)
   10:00開展、17:00閉展(最終日16時閉展)
場所 兵庫県立美術館 ギャラリー棟3F
   〒651‐0073 神戸市中央区脇浜1−1−1(HAT神戸)

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 01:16| 書道展