2022年06月26日

2022新潟地区かな書道研修会報告

日 程:2022年6月26日(日)
会 場:新潟東映ホテル(新潟市)
講 師:稲吉香峰先生
助講師:小川和恵先生 中村暢子
テーマ:「四行書きからの応用」
    
新型コロナウイルス感染拡大による中止や延期を経て、3年ぶりの開催となりました。
長野県の稲吉香峰先生からお越しいただき、「四行書きからの応用」をテーマに、かなを学び始めた誌友の方から熟練した同人の方まで、それぞれにとって学びの場となる研修となりました。
今回は初参加者が16名となり、新潟地区にとって新しい息吹を感じました。

『書香』7月号の半紙四行書きのお手本をもとに、散らし書きまで応用するポイントを教えていただき、作品を仕上げました。
新潟01.JPG

新潟02.JPG

新潟03.JPG

これまでの読売展等の実習を含んだ2日間にわたる研修を1日に凝縮したこともあり、研修終了後に各自が取り組んでいる作品(競書作品をはじめ公募展作品など)を持ち寄っての「作品検討会」を実施し、新たな学びの場を企画しました。
新潟04.JPG

今回の新潟地区研修会のサブテーマは「繰り返し 基礎をかためる 地区研修」でした。
研修後のアンケートから、「遠方に出向かずとも、香瓔会の他の地域の先生から学べる」、「初心に帰った」などの意見をいただき、地区内のかな書道を学ぶ者同士が地元で研鑽できる喜びを感じた一日となりました。

(中村暢子 記)
posted by 香瓔会 at 22:50| 書道教室・講座・研修