2022年05月02日

第76回日本書芸院・役員展・魁星作家コーナー

2022年4/27〜5/1、大阪国際会議場3Fにて「日本書芸院展(役員展)」開催され、当会からも岩永理事長、牧野副理事長はじめ多数の作品が展示されました。
1651406308337.jpg

魁星作家コーナーには、オーディションで選ばれた50才以下の新進気鋭の選抜作家の大作(3点/人)が展示されました。

5/1は当会より、森岡郁恵先生(日本書芸院・魁星作家)による列品解説会があり大勢の方が来場されました。
1651406309214.jpg

1651406309340.jpg
90×270cm横作品は傅山、272×53cm×4枚縦作品は佐理書状、条幅作品は針切の表情をイメージして書かれたそうです。エネルギッシュで堂々たる作品に魅了されました。

★その他の写真はインスタグラムで紹介しています。
https://www.instagram.com/p/CdBTJAFPl6a/


(編集部I)
posted by 香瓔会 at 00:14| 書道展

2022年05月01日

第6回 ―書創― 綺羅 書展 開催報告

第6回 ―書創― 綺羅 書展(主宰 中村 暢子)が無事終了しました。

と き/2022年4月29日㈮㈷〜5月1日㈰
ところ/三条東公民館(新潟県三条市)

3日間のうち初日と最終日は生憎の雨でゴールデンウィークとしては肌寒く悪天候にもかかわらず、500名近いご来場者様となりました。

S__5120104.jpg

S__5120105.jpg

S__5120106.jpg

ご来場者様からは、
「作品に合う美しい表装ですね」
「見応えのある作品」などお褒め言葉をいただき、次回展に向けての励みになりました。

S__5120107.jpg

S__5120102.jpg

(坂橋 阿音 記)

★開催中の様子をインスタグラムで紹介しています。
https://www.instagram.com/p/Cc7yIeyP2JQ/
https://www.instagram.com/p/Cc5JTFEPYez/
https://www.instagram.com/p/Cc7kosbLXr7/
https://www.instagram.com/p/CdBA-5dP8HG/
posted by 香瓔会 at 23:10| 書道展

2022年04月25日

5月「かな書展」情報

桜の季節が終わりましたが、別の草花へとバトンが渡され、色鮮やかな季節となりました。
CIMG0496.JPG

5月の「かな書展」情報をお知らせします。

◆「油絵」と「かな書」の二人展(世話人 林 玲泉)
 と き/5月3日㈫㈷〜8日㈰
 ところ/金沢21世紀美術館 B1F市民ギャラリーB
     (金沢市広坂1-2-1)
「油絵」と「かな書」の二人展案内状.jpg

◆丸山宏信かな書展―屏風展―(丸山宏信 個展)
 と き/5月13日(金)〜17日(火)
 ところ/長野県立美術館 しなのギャラリーA・B&ホール
     (長野市箱清水1-4-4)
丸山宏信かな書展 個展案内パンフ02-01.jpg

丸山宏信かな書展 個展案内パンフ02-02.jpg

(情報部 S)
posted by 香瓔会 at 14:39| 書道展

2022年04月11日

第76回日本書芸院 三月審査会の授賞式に出席しました

三月審査会では、一科審査会員作品から公募作品までを対象に審査が行われ、香瓔会からも多くの入賞者を輩出しました。
https://www.nihonshogeiin.or.jp/category/exhibition/shain/

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今回の授賞式は人数を縮小して開催されました。
ご受賞おめでとうございます。

39580.jpg

39614.jpg

39544.jpg

posted by 香瓔会 at 17:07| 書道展

2022年03月25日

4月「かな書展」情報

西日本の地域から桜の開花のお知らせが届き始めました。
卒業と入学のシーズンです。私の住む地域では入学式のころに桜が見られます。
1616832794115.jpg

4月の「かな書展」情報をお知らせします。

◆第6回 ―書創― 綺羅 書展 (主宰 中村 暢子)
 と き/4月29日㈮㈷〜5月1日㈰
 ところ/三条東公民館
     (新潟県三条市興野1-13-70)
綺羅.jpg

(情報部 S)
posted by 香瓔会 at 11:44| 書道展

2022年03月24日

中村暢子書展「刹那」―時を創る― 開催報告

中村暢子書展「刹那」―時を創る―が無事終了しました。

と き/2022年2月19日㈯〜3月21日㈷
ところ/弥彦の丘美術館(新潟県西蒲原郡弥彦村)

弥彦の丘美術館より、書道で女性単独での個展開催は初の試みとのことでご依頼を受け、開催しました。

S__18587694.jpeg

残雪を眺めながらの初日でしたが、会期中に岩永理事長、原奈緒美先生がご来新くださり、終了時には桜の蕾が見られるようになりました。

S__19382279.jpg

S__19382278.jpg

地元新聞の掲載は反響が大きく、初来館者もあり、書道の楽しみ方を伝えることができたようです。

S__19382276.jpg

(中村 暢子  記)

★開催中の様子をインスタグラムで紹介しています。
https://www.instagram.com/nobukonkmr/
https://www.instagram.com/p/CagCF_hPGiT/?utm_source=ig_web_copy_link
posted by 香瓔会 at 11:17| 書道展

書 中川聖久の心 開催報告

「書 中川聖久の心」が無事終了しました。

と き/2022年3月18日㈮〜21日㈷
ところ/京都文化博物館 5階ミュージアムギャラリー(京都市中京区)

25314.jpg

2m×15mの紙に白鳥の羽で書いたいろは歌の原文、新作の「心」、「城」、「虎」などの超大作から、歌留多サイズに和歌を書いた極小作品まで、あわせて65点の作品を展示しました。

日本を代表する花街のトップや長楽館のオーナーさんもご来訪され、華やかな展覧会となりました。

祇園.jpg

7292.jpg

20220318 読売新聞京都版.jpg
▲令和4年3月18日付 読売新聞京都版

(中川 聖久 記)

★開催中の様子をインスタグラムで紹介しています。
https://www.instagram.com/masahisa1008/?hl=ja
https://www.instagram.com/p/CbPLneTrQtx/?utm_source=ig_web_copy_link
posted by 香瓔会 at 09:37| 書道展

2022年03月15日

第4回古筆臨書展 開催報告

第4回古筆臨書展が無事終了しました。

と き/2022年3月4日(金)〜13日(日)
ところ/難波市民学習センター 展示室(大阪市)

JR難波駅ビルOCAT「春のセンターまつり」の期間中、日頃の学びの発表の場として毎年、難波市民学習センター主催の作品展を開催しています。

好きな古筆(高野切、関戸、寸松庵、曼殊院、本阿弥切、針切、中務、山家心中、継色紙)を臨書し、ハガキサイズに切り取り、手づくりで額装しました。

202203rinshosakuhin_koyonews.jpg

20220313_koyonews.jpg

(伊地知 紀子 記)

★展示作品をインスタグラム「@かな料紙ラボ」で紹介しています。
 https://www.instagram.com/ryoshilab/?hl=ja
posted by 香瓔会 at 11:54| 書道展

2022年03月09日

第31回道香社書作展 開催報告

第31回道香社書作展が無事終了しました。

と き/2022年3月4日(金)〜6日(日)
ところ/高松市美術館市民ギャラリー(香川県高松市)

新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となりました。
連日多くの来場者があり、最終日には若い人たちも多く、活気あふれる展覧会となりました。

道香社03.jpg

会員76名が同じパネルに「白とは…」をテーマに思い思いの俳句や短歌をしたため余白の美を表現しました。
また、表装に工夫を凝らした作品が会場を華やかな雰囲気に包み、ご来高くださった岩永理事長から、1点ずつ丁寧にご指導いただき、会員一同感激しました。

道香社02.jpg

道香社04.jpg

賛助作品として今年1月にお亡くなりになった榎倉香邨先生と道香社の創始者である光宗道子先生の作品も展示させていただき、作品を通じて在りし日のお二人の先生を偲ぶ展覧会にもなりました。

道香社05.jpg
▲光宗道子先生の作品(左)  榎倉香邨先生の作品(右)

展覧会の様子が四国新聞で紹介されました。
道香社01.jpg

(澤田 定枝 記)

★開催中の様子をインスタグラムで紹介しています。
https://www.instagram.com/p/CawKeuTFktr/?utm_source=ig_web_copy_link
posted by 香瓔会 at 09:36| 書道展

大学院修了記念 兼平春鈴書作展 −琳琅− 開催報告

この度、大学院修了という節目にあわせて初めての個展を開催させていただきました。

と き/2022年2月25日(金)〜27日(日)
ところ/八王子市学園都市センター(東京都八王子市)

高校時代は一貫して漢字書を中心として学び、帝京大学入学以降は縁あって仮名書に転向し、初めてのことばかりで戸惑いながらも、思い切り書道に没頭できた6年間であったと今振り返って感謝の気持ちでいっぱいです。
兼平01.jpg

兼平02.jpg

兼平03.jpg

兼平04.jpg

兼平05.jpg

岩永栖邨先生はじめ多くの先生方からご批評賜り、実りの多い個展となりました。
今回の個展を契機に、しっかりと自分なりの「書の道」を歩めますよう精進してまいります。

(兼平 春鈴 記)
インスタグラムアカウント(@kanehirashunrei)→ https://www.instagram.com/kanehirashunrei/

★開催中の様子をインスタグラムで紹介しています。
https://www.instagram.com/p/CaZj_6nFNXM/
posted by 香瓔会 at 09:27| 書道展