2019年08月12日

2019夏期セミナー【成果】

DSC_1955.jpg

こちらの写真は今年の夏期セミナー参加者の、セミナー参加前(下)と参加後(上)の作品です。
違いがお分かりでしょうか?紙の色と、書きだしの違いはあるものの、とても同じ方が一週間ほどで書かれた作品とは思えないほど上達されています!
以下、その方に夏期セミナーで巻作品コースを選ぶまでの思いや参加された感想を伺いました。

---------------------------------------------------------------------

今年、初めて読売書法展に2×8尺の縦作品で出品しました。漢字畑だった私が、昨年2月にH先生の教室に入会し、今年初めて読売書法展に挑戦しました。何を書いていいかも分からず、今までは漢字作品を書いていたので、大きいものがいいというだけで2×8尺の縦作品(3行)を選びました。練習していく中で研究会にも参加し、H先生始め、複数の先生方にアドバイスをいただき、たくさん気付くことがありました。私はかなについて何も理解していなかったことを痛感し、大字かなを書くことも、古筆の臨書、細字かなが基礎であると気付きました。私は、大字かなは漢字の延長と捉えておりましたが、筆法も違い、全く別物でした。
今回、読売書法展の結果は落選でしたが、私には新たな出発点となりました。

また、日展も初出品する予定です。日展では2×8尺(5首)の横作品に取り組み、細字かなに近い形式に初めて挑戦します。今までこんなに歌数の多い作品を書いたことはなく、作品の作り方もなかなか理解できず、何かを掴みたかったため、夏期セミナーの巻作品コースを選びました。巻180センチは未知の世界で、2日目の朝まではできる気がしませんでしたが、講師の先生方のアドバイスで、何とか180センチの初マラソンを走りきることができました。久々の達成感でした!1日目は巻作品コースの選択を後悔しましたが、とにかくやりきれたことが、自分の自信になりました。
巻作品コースに参加し180センチの作品を書いてみたことで、240センチの作品の長さが長いと感じなくなって楽に書くことができました。
少々無謀な挑戦ばかりしていますが、これからも「挑戦」の気持ちを忘れずに、楽しくかなを書いていけたらと思います。

---------------------------------------------------------------------

今回参加された方も、参加出来なかった方も、また来年の夏期セミナーのご参加をお待ちしております!


(情報部U)
posted by 香瓔会 at 21:44| 書道教室・講座・研修

2019夏期セミナー報告

●と き 2019年8月8日(木)〜9日(金)
●ところ ホテル北野プラザ六甲荘

20190808_130834.jpg

毎年恒例の夏期セミナーが開催されました。
A〜Gの7つのコースに分かれ、約200名が参加し熱心に学びました。

201908_A.jpg
A:基本コース(小字の基礎・半紙四行書き〜散らし書きへ)

201908_B.jpg
B:臨書(古筆を学ぶ)

201908_C.jpg
C:小字コース(帖形式の基礎〜深める)

201908_D.jpg
D:巻作品(90cm,180cmの巻作品づくり)

201908_E.jpg
E:大字作品(基礎〜研究作品大字コース60×90pの作品づくり)

201908_F.jpg
F:検定試験(準同人・同人試験課題に挑戦)

201908_G.jpg
G:ジュニア指導(毛筆の基本用筆〜指導方法を考える等)

201908_kon_hatusan.jpg
楽しい夕食会(夏期セミナー初参加を記念して)

201908_kon_yomiuri.jpg
読売書法展受賞者の皆さま

201908_kon.jpg
素敵な歌唱も♪(村上松月先生)

201908_VTR.jpg
榎倉先生の宮崎展・小野展のビデオ紹介

201908_hei_chu.jpg
閉講式での手本抽選会も大盛り上がりで有意義なセミナーとなりました。

来年も8月下旬に夏期セミナーを開催します。是非たくさんの方にご参加いただきたいと思います。

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 13:28| 書道教室・講座・研修

2019年08月01日

2019.9月の「かな書展」情報

梅雨が明けましたが、猛暑日が続いております。
皆様、くれぐれも体調にはお気をつけてお過ごしください。

1564481372297.jpg

9月の「かな書展」情報のお知らせです。

◆第36回 読売書法展
【関西展】
と き/令和元年9月11日(水)〜15日(日)
ところ/京都市勧業館「みやこめっせ」(岡崎公園)
【中国展】
と き/令和元年9月27日(金)〜29日(日)
ところ/広島県立ふくやま産業交流館「ビッグ・ローズ」(福山市)


◆第38回 かな書道爽書作展(代表 相川優水)
と き/令和元年9月22日(日)〜24日(火)
ところ/長崎新聞文化ホール 1階画廊・展示ホール
    〒852−8104 長崎市茂里町3−1
2019nagasaki_so.jpg

(情報部U)
posted by 香瓔会 at 22:50| 書道展

2019年07月11日

'19香瓔夏期セミナーのご案内

毎年恒例の夏期セミナー
令和元年8月8日(木)〜9日(金)<ホテル北野プラザ六甲荘>にて開催します。
A(基本)・B(臨書)・C(小字)・D(巻)・E(大字)・F(検定)・G(ジュニア指導)のコースで募集しております。

2019kakisemi_an.jpg

夏期セミナーは、香瓔会が一年の活動の中で最も力を入れている事業です。
毎年、ご参加いただいた方から楽しくてよく分かるセミナーだったと大変好評をいただいています。
講師、スタッフ一同、一泊二日の充実したセミナーになるよう尽力しております。

月刊誌「書香」7月号(457号)に「'19香瓔夏期セミナー開催要項」を同封しています。
開催要項をお持ちでなくて参加希望の方は、香瓔会事務所(TEL.0795-48-5495)までお知らせください。
一人でも多くの方のご参加をいただきたく、ご案内いたします。

(情報部I)
posted by 香瓔会 at 14:47| 書道教室・講座・研修

2019年07月09日

高松日展研究会 開催報告

と き 2019年6月30日(日)
ところ ルポール讃岐
講 師 岩永栖邨 先生

梅雨空の蒸し暑い日でしたが、今年は実習もできるように広い部屋を用意しました。

岩永先生からは作品の展開の仕方、墨の出し方、自然な行の流れなど一人一人細かくご指導頂きました。

また仲間との交流もでき、お互い作品を見せ合いアドバイスしたり和やかで充実した研究となりました。

(澤田定枝 記)
posted by 香瓔会 at 12:41| 書道教室・講座・研修

2019年07月01日

2019.8月の「かな書展」情報

ジメジメとした梅雨が続いていますね。
大雨による影響で被害にあわれた皆様には
一日でも早く元の生活が戻るようお祈り申し上げます。

1561945499641.jpg

8月の「かな書展」情報のお知らせです。

◆第36回 読売書法展 【東京展】
〈第1会場〉
と き 令和元年8月23日(金)〜9月1日(日)※27日(火)休館
ところ 国立新美術館(六本木)
〈第2会場〉
と き 令和元年8月23日(金)〜8月29日(木)
ところ 東京都美術館(上野公園)


◆第18回 清流の書展 令和−人々が美しく心を寄せ合う(世話人 村上美泉)
と き 令和元年8月1日(木)〜9月29日(日)
ところ 杉原紙の里「展示・体験工房」
〒679-1322 兵庫県多可町加美区鳥羽768−46
2019seiryu.jpg

◆第24回 全日本高校・大学生書道展
と き 令和元年8月20日(火)〜8月25日(日)
ところ 大阪市立美術館 地下展覧会全室(天王寺公園内)


(情報部U)
posted by 香瓔会 at 15:54| 書道展

2019年06月30日

関東地区日展研究会 開催報告

と き 2019年6月29日(土)
ところ 飯田橋家の光会館
講 師 小林章郎先生
    正橋白鵞先生

1561872238104.jpg

1561872241269.jpg

1561872239488.jpg

一日限りの研究会でしたが、実り多い内容でした。
行の作り方、紙や筆の選び方、そして作品制作までの心構えなどのアドバイスもあり、
受講生一同、心意気も新たにしたことと思います。


(原 奈緒美 記)
posted by 香瓔会 at 21:04| 書道教室・講座・研修

2019年06月29日

和み書道教室 作品展 開催報告

和み書道教室 作品展
令和元年6月20日(木)〜23日(日)
新潟市西新潟市民会館ギャラリーにて

IMG_8538.JPG

IMG_8469.JPG

IMG_8500.JPG

初めての社中展。普段のお稽古の内容をそのまま見ていただきたく、
漢字古典・かな古筆の臨書を和綴じ本にしたものや、
連面の練習作品を姫屏風に貼ったもの、集めていた絵葉書に俳句を書いたもの、
家に飾ることのできるお軸や額、公募展規格のものなど、37名で100点の展示となりました。

(小川和恵 記)
posted by 香瓔会 at 11:59| 書道展

2019年06月26日

「牧水と書と恋の歌」俵万智先生note

俵万智先生選歌、榎倉会長揮毫の「牧水の恋」の連載が書香2019-7月号から始まりました。
牧水に寄せる熱い思いの共演に、多くの方々から反響が寄せられています。

俵万智先生もご自身のnote「牧水と書と恋の歌」という連載を始められました。

榎倉先生を俵万智先生がどのような思いでみておられるか興味深く書かれています。

俵万智先生note
https://note.mu/tawaramachi/

(栖邨 記)
posted by 香瓔会 at 18:38| 日記

2019年06月21日

第30回道香社書作展 -うごく-(併催 ジュニア書展)

新元号「令和」が始まり、道香社展も30回の節目を迎えた今回は「うごく」をテーマに、会員それぞれが新たな気持ちで作品づくりに取り組みました。
本日(6/21)より23日まで、高松市美術館一般・企画展示室(2階)にて開催中です。

1561094252981.jpg
1561094271161.jpg
古を感じてみませんか。
多羅葉の葉に、文字を書き手紙を出す。という体験コーナーもあります。

1561094279397.jpg
1561094305446.jpg

※6月22日(土)午後1時から会員展会場にて、榎倉香邨会長の作品解説があります。
※6月23日(日)午前11時から、ジュニア展の会場にて作品批評があります。

天候不順のおりですが、少し落ち着いた時間を過ごして頂けたらと思います。

(矢野美櫻記)

posted by 香瓔会 at 16:43| 書道展